イソフラボン効果効能.com

イソフラボンの効果効能を説明します!

イソフラボンで骨を強化

骨粗鬆症が閉経後の女性に起こりやすいのには、女性ホルモンが少ないことによって骨の中のカルシウムが溶けだしてしまう事にも関係があります。
いくら食べても骨に吸収されにくいのです。
元々カルシウムというのは身体の中で作られること事態が年齢と共に減少してしまいます。
カルシウムは骨や歯の形成ばかりではなく、細胞に対しても十分な有効な成分で、特に心臓の筋肉などや脳に対しての神経緩和にもとても重要な成分です。

イライラしている人に「カルシウムが足りていないのではないのか」という言葉は実に適切なものなのです。
イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンの不足を補うものです。
エストロゲンは骨から溶け出すカルシウム量を抑えて骨を保護する役目をしていますので、イソフラボンによって補うことができます。

つまりやたらと流出されるカルシウムを止めることが骨粗鬆症予防になると言ってもいいでしょう。
しかしカルシウムを摂らなければ骨からカルシウムは摂られてしまいます。
生命活動の維持を優先する身体の構造からそうなっているので、しっかりとカルシウムを摂って、その上でイソフラボンを摂るのがいいでしょう。

そういう意味でお勧めなのは牛乳に大豆をすり潰してできたきな粉を混ぜたきな粉牛乳や牛乳と豆乳を合わせて混ぜた飲み物などが、どちらも摂れて吸収率も高くなるといってもいいでしょう。
実は日本の「フジッコと」いうメーカーが骨の健康とイソフラボンの働きの関係を検証するためにWHO(世界保健機関)CARDIAC Studyに参加しています。
世界各地で疫学研究や介入試験を繰り返し、「イソフラボンが骨からのカルシウムの溶出を抑制する」ということを証明したのです。
しかもこのことが「特定保健用食品(トクホ)として認められるほどになり、「イソフラボンが骨の健康に対して役にたつということの証にもなったのです。
イソフラボンの働きが、破骨細胞の暴走を抑えてくれるのです。

Menu

これが必見アイテム一覧だ!

イソフラボン豆知識