イソフラボン効果効能.com

イソフラボンの効果効能を説明します!

男性にもたらすイソフラボンの効果

イソフラボンといえば女性ホルモンのエストロゲンと同じ効果を持っていることから女性に対しての効果が高いように感じられているようですが、男性に対しても効果はあります。
イソフラボンが効果をもたらすのはホルモン系のバランスであるエストロゲンであるために、前立腺ガンになりやすいとも言われていますが、実は今だはっきりとした研究結果はでていない状態です。
ただ事実としてあるのが日本人が前立腺ガンにかかる確率が高くなったことと、欧米化の食生活の関係です。

大豆が使われる料理は日本食に多く、調味料にさえ、味噌や醤油という形で入り込んでいます。
納豆や冷奴、味噌汁などは当たり前のように食べられていたものです。
それが箸をナイフとフォークに持ち換えて肉食中心となった近年に前立腺ガンになる人が増えてきました。

実際にアメリカ人男性の20パーセントが前立腺ガンになるというのですから、食生活も関係ないとはいえないでしょう。
またホルモンでいうならばジヒドロテストステロン(DHT)の増加レベルとの関連性があるとされています。

その上、大豆イソフラボンはテストステロンをDHTに転換することに関連性のある5α-レダクターゼを抑制する効果があるのです。
これは育毛関係においても大いに役立つと言えるでしょう。
ただ過剰摂取はホルモンバランスにおいて大きく関係してきますので、サプリメントでの摂取は最大でも30mg以下が望ましく、摂る方法としても食生活を利用して摂る方が望ましいといってもいいでしょう。

イソフラボン自体がエストロゲンと同様の働きをした結果、過剰摂取によってはテストステロン事態を抑えてしまう可能性もあるからです。
また女性に多いとされている骨粗鬆症も男性がならないというわけではありません。
骨の中のカルシウムが溶けだしてしまい、骨がスカスカになってしまうことがあるのです。
イソフラボンには骨が溶けだすのを防ぐエストロゲンと同じ働きがあり、これは男性でも変わりなく有効です。

Menu

これが必見アイテム一覧だ!

イソフラボン豆知識