イソフラボン効果効能.com

イソフラボンの効果効能を説明します!

イソフラボンが多く含まれる食材

イソフラボンは大豆に含まれている食材ですので、大豆を加工したものに多く含まれています。
しかし食品自体ではそんなに食べる必要がないほどに1日の摂取量は少ないと言ってもいいのかもしれません。
1日に70mg~75mgが目安としての摂取量になります。
豆腐に例えるのならば半丁です。

1丁食べたら多すぎで排出されるというのですから多い=食べやすい食材というわけではないのが他の食品とは違うところといってもいいのかもしれません。
油挙げも半分で約52.5mgとされており、豆乳などの大豆飲料は125mlで69mgとほぼ1日の規定量は摂れてしまいます。
大豆は調味料としても使われ、味噌や醤油などで味付けされた物や、汁を飲んでしまってもあっさりと摂れてしまいます。

味噌汁などは朝食や夕食などでも簡単に飲むことができるといってもいいでしょう。
実は大豆を潰したのがきな粉であり、おやつなどに使って食べることによって摂取されます。
およそ大さじ4で必要なイソフラボンを摂ることができますので、団子に付けたり、くずもちにかけたりしても摂れない量ではありません。
ですが、きな粉の味しかしないおやつになりそうなほどに本品が少ない時は減らしても、他の食事で十分にカバーが可能です。

そして大豆そのものといってもいい大豆煮は100gほどで、そのまま食べてもいいですし、ミネステローフなどの料理にしてもすんなり食べられます。
枝豆にも入っていますので、夏のビールのお供に食べ過ぎてしまう心配があるほどです。
1日に食べる食事を考えた時によほど洋食の食事でない限り大豆が入っていない食事はありません。
つまりイソフラボンが入っていない食事を摂ることは逆にないように考えられるのですが、近年の洋食ブームはあっさりと食卓からイソフラボンをなくしていったようです。
ここは朝食だけでも純日本風にしてしまえば摂りすぎを心配してしまうほどに、イソフラボンを摂れることでしょう。

Menu

これが必見アイテム一覧だ!

イソフラボン豆知識