イソフラボン効果効能.com

イソフラボンの効果効能を説明します!

イソフラボンの構造の特徴とイソフラボンの働き

女性ホルモンの成分のひとつにエストロゲンがあります。
エストロゲンには、女性の身体を守ってくれる働きがあります。
それは更年期障害による発汗やイライラする感情やのぼせといった症状を緩和します。
また骨密度を低下を抑制して、骨折のリスクを低下させます。
さらに閉経後に増加するコレステロールを抑制することができます。
このようにエストロゲンには、女性の身体を守る働きがあります。
しかし年齢を重ねると共に減少していくことは、良く知られている事実になります。
そしてイソフラボンは、減っていく女性ホルモンの成分を補うことができると言われています。
それはイソフラボンは、エストロゲンに似た構造を持っているからです。
イソフラボンは、大豆製品に多く含まれています。
大豆製品には納豆や豆腐や味噌や醤油や豆乳などがあります。
特に閉経後は、これらの大豆製品を摂ることで女性の様々な不調を緩和することができます。
さて私は閉経するような年齢ではありませんが、子宮系の病気のために一時的に閉経と同じような状態にしています。
子宮系の病気を発症したため、かなりの激痛に襲われて生活に支障をきたすこともありました。
しかし閉経と同じような状態にすると、激痛が治まり普通に生活できるようになります。
このような状態にすると、女性ホルモンの成分であるエストロゲンの分泌が減ってしまいます。
実際に同じ年齢の人よりも骨密度の値が若干低めでした。
さらにコレステロールの値も高めで、医薬品を処方されています。
そのため積極的に大豆製品を摂って補っていますが、一日に食べることができる量にも限度があります。
そこで毎日の食卓に納豆や豆腐を取り入れると共に豆乳を飲んでいます。
市販の豆乳製品には様々な種類があるので、飽きずに毎日飲むことができます。
特に豆乳にきなこをブレンドした製品は、大豆をしっかりと摂ることができます。
その他にも黒ゴマや紅茶などをブレンドした商品もあり、健康や美容にも役に立ちます。
しかもストローを挿して飲むだけだし、飲んだ後は捨てるだけなので簡単に大豆を補うことができます。
そして豆乳製品を選ぶ時に、どれにするのか決める楽しさもあります。
実際に積極的に大豆製品を摂るようにしてから、骨密度の値がほぼ平均まで戻ってきました。
さらにコレステロールの薬は飲んでいますが、その値も少しずつ下がってきています。
これは将来になるであろう病気のリスクを低減したり、予防する効果もあります。
イソフラボンは、女性ホルモンの成分のひとつであるエストロゲンと似た構造を持っています。
そのためイソフラボンを摂ることで、女性の様々な不調を緩和することができます。
そして女性の身体を守ってくれる働きがあります。

Menu

これが必見アイテム一覧だ!

イソフラボン豆知識