イソフラボン効果効能.com

イソフラボンの効果効能を説明します!

私のイソフラボン体験談

私がイソフラボンを意識して摂取しようと思い始めたきっかけは、加齢や出産、母乳育児により体型が昔に比べてずいぶん変化してしまったためです。
一番悩みを抱えている場所はバストです。
母乳育児をすると、後でバストが急激にしぼんでしまうとは聞いていましたが、それでもミルクを与えるよりも母乳育児は子どもたちにとってかけがえのない育児になるはずだと信じ、二人の子どもを母乳で育てました。
新生児の間だけ与えるのではなく二人とも1年半与え続けたためか、バストのしぼみ具合は自分でも驚くほどでした。
昔から大きなバストではありませんでしたが、Aカップぐらいにまでなってしまいました。
あまり気にしないでいようと思っていましたが、それでもやはり以前に比べると服の着こなしなど差が出てしまいなんとかならないものかと調べてみると、イソフラボンにバストアップの効果があることを知りました。
イソフラボンが多く含まれている食品は大豆製品であるということで、意識して豆腐や豆乳、納豆、きな粉、味噌汁などをたくさん食べるようにしました。
大豆製品を意識的にたくさんとろうとすると、必然的に和食のメニューになりがちです。
昔から日本人は体に良いものを食べていたんだなあと感心しつつも、子どもたちや主人が和食よりも洋食を好むため、私のために和食のメニューを続けることは難しいと感じました。
私が一人で食べる昼食だけは豆腐や納豆を食べ続け、1ヶ月ほどすると少しバストに張りがでてきたように感じましたが、それでも昔に比べるとまだまだ雲泥の差です。
できるだけ自然に食品からイソフラボンを摂取したいと思っていましたが、食品からだけでは満足できる効果を得るのは難しいと感じました。
また一日に昼食の一食だけとはいえ、毎日豆腐や納豆を食べ続けるのにも飽きてしまいました。
こうして効果的なサプリメントについて調べてみると、プエラリアという植物にイソフラボンが豊富に含まれていることを知りました。
この成分を含むサプリはレビューが良く、価格も手の届く範囲であったため試してみるとバストに張りと弾力が出てきました。
生理前から生理が終わるまでは摂取することができないため、まだ始めてから1ヶ月ほどですがこの先どのような変化が訪れるのか楽しみです。

Menu

これが必見アイテム一覧だ!

イソフラボン豆知識